当学院紹介

教育理念

「人をつくる」

「将来地域社会に貢献できる人」

を育成する。そのために

「目標実現に向かって頑張るチャレンジ精神旺盛な人」を育成する

 

 

未来に羽ばたく子どもたちをサポートします

チャレンジ学院では「子供十訓」を掲げており、ここではその一部をご紹介いたします。私たちは生徒たちの志望校合格・学力の向上はもちろんですが、人としても大きく成長して欲しいと考えております。

 

夢をもて―――

大人も子どもも夢にむかって精一杯頑張ることで成長します。どんな夢でもかまいません。「勉強しなさいと言われるから勉強する」「塾に通わされている」のではなく、『自分が描いた夢を叶えるためには勉強が必要だ』と自発的に思えるようになることが何よりも大切です。夢・目標の大小に関わらず、チャレンジ学院で叶えましょう!

 

I CAN(私はできる)―――

次に自分を信じてみてください。「頑張ってもできない」「そんなに頑張れない」と悲観するのではなく、「やってみればきっと成功する」というイメージを持ちましょう。私たちは生徒たちの可能性を信じています。

 

ピンチをチャンスに!―――

誰にでもピンチは必ずやってきます。その時に諦めてしまうのか、克服するのかがその後の成長に大きく影響します。
ピンチが訪れた時は是非相談してください。ピンチを克服するためのヒントや教訓を、私たちはたくさん持ち合わせています。

 

目標を決めたら結果が出るまで挑戦しよう―――

自分の頑張りが結果にすぐ出る人・思い通りに出ない人、これは人それぞれです。
多くの人はすぐに思い通りの結果が出ないことが多いでしょう。
成功する人としない人の差は、最初の結果が出ない苦しい時に我慢強く挑戦できるかにかかっています。

 

地域社会に貢献できる人になろう―――

将来、目標を達成し成功した時に、「自分を育ててくれた地域に貢献したい」と思える人に育って欲しいとチャレンジ学院では願っております。
「自分さえよければいい」と思う人ではなく、人の役に立てる人に成長できることを期待し、教育を行っています。

 

 

日本民間教育大賞受賞

 

 

 

やる気学習法

勉強はどこだって出来る。
それでもあえて塾に来るのなら「成績を上げること=夢をかなえる手段の1つ」と考えてみて欲しいですね。
だから当学院は1位・100点・20点以上UPという志を大いに応援します。
イメージし、宣言し、失敗しながらでも行動を続ける、そんな人は勉強以外も成功します。
信州のこの地で「やる気学習法」を発信して50年。
これからも当学院はそうして羽ばたいていくひまわりっ子をたくさんたくさん育てていきたいと思います。

 

やる気学習法のご紹介(一例)

詳細はお問い合わせください。

やる気学習法   やる気学習法説明

 

チャレンジ学院50周年記念式典

2016年9月25日 当学院の50周年記念式典が開かれました。
市民タイムスで記事として取り上げられました。